基調講演

株式会社コンポン研究所 元代表取締役所長 井上 悳太氏

株式会社コンポン研究所 元代表取締役所長 井上 悳太氏

1939年岡山市生まれ。1963年京大院修士課程修了されトヨタ自動車入社。低公害・低燃費エンジン開発に携わり、1990年取締役。トヨタグループ12社が科学、技術、社会に関する課題を根本から研究する目的のシンクタンク、(株)コンポン研究所の設立準備からかかわり、1996年取締役副所長。2001年代表取締役所長を歴任。
現在は、東北大学・未来科学技術共同研究センター客員教授。

トヨタ自動車で低公害・低燃費エンジンの開発に取り組まれた後、豊田英二最高顧問(当時名誉会長)の発案で100年後を見越して科学・技術・社会に関する課題を根本から研究する目的で設立された(株)コンポン研究所の設立準備から参画され、 (株)コンポン研究所の取締役副所長、代表取締役所長を歴任されました。自動織機の発明王・豊田佐吉とトヨタ自動車創業者・豊田喜一郎親子とその思想に大きな影響を与えた二宮尊徳の教えが、「質実剛健」として豊田綱領に明文化されトヨタの企業文化の大きな柱となり、また名古屋を中心とする地域の特質にも大きな影響を与えています。
大会テーマ「質実剛健」について、豊田喜一郎のいとこでトヨタ自動車を世界的企業へと成長させた豊田英二当時名誉会長と直接議論を重ねながらコンポン研究所の立ち上げをされた体験をもとに「尊徳・佐吉・喜一郎―質実剛健の系譜」と題してご講演をいただきます。


ファッションのモード学園、IT・デジタルコンテンツのHAL、医療・福祉の医専/医校の創業者 谷 まさる氏

ファッションのモード学園、IT・デジタルコンテンツのHAL、医療・福祉の医専/医校の創業者 谷 まさる氏

奇抜なCMで学生を集め、ユニークな校舎を建設。東京のモード学園コクーンタワーは校舎として日本一の高さを誇る(地上50階・203m)。
使える人材を育て続けて8万人超。就職難の中、驚異の希望就職内定率100%。現在学生数は12,800人、昨年対比2,000人増(名古屋・東京・大阪の実績)。21世紀のスパルタ教育で生まれ変わった人材に企業が殺到。「現場で即戦力になる!」と評価されています。
いったいどうしてこんなことが可能なのか? 「社会が求める人材の作り方とは…」谷氏に、「1人で生きられるようにして世の中に出すこと、これが教育」と熱く語っていただきます。



会場案内

2011年5月23日(月)
ウェスティンナゴヤキャッスル
2011年5月24日(火)
名古屋国際会議場


↑このページのトップへ